お知らせ

例会

例会日

毎火曜日 12:30 開会

例会場

ホテルメトロポリタン

東京都豊島区西池袋一丁目 6 番 1 号

TEL: 03-3980-1111

ホテルメトロポリタン HP

例会について

例会はロータリーの活動の土台となるものです。会員が集まり食事を共にしながら親睦を深め、ロータリーやクラブの取り組みについて語り、情報交換をする場となります。週に一度、定刻に開かれ、毎回、様々なプログラムが予定されております。

フェローシップデー 月初めの例会ではその月のお祝い該当会員をお祝いします。

また、広報・雑誌委員長による、機関雑誌“ロータリーの友”について、卓話があります。新会員入会式が行われ、青少年交換派遣学生や米山奨学生も来会します。

卓話        外部より講師をお招きします。テーマは多岐にわたり、演奏家や噺家をお招きしたり会員がスピーチを行うこともあります。

夜間例会      上半期下半期それぞれの最終例会は少し趣を変え夜の時間に開催します。例会後の新会員歓迎会ではアトラクションを企画することもあります。

移動例会      定例の会場ではない所で、カジュアルな例会を開催します。

2022-2023 年度会長

渡邊 敏充

2022 年ー2023 年度第 56 期目を迎える東京板橋ロータリークラブの会長を務める事になり、初例会は不安と緊張とワクワク感でいっぱいです。

私は挨拶が得意ではないので例会での会長挨拶が意味不明になる事があるかもしれませんが、その時は笑って許してください。

コロナもワクチン接種の効果でだいぶ減少してやっと海外旅行にも行けるかなと思っていた矢先、ロシアのウクライナ軍事侵攻、世界の穀物危機、そして日本では 6 月なのに猛暑による電力不足と暗いニュースばかりでしたが、当クラブは理事・役員の皆様、各委員会皆様のご支援とご協力により、新年度より 2 名の方が入会されると言う嬉しい出来事もあります。

今年度はジェニファー・ジョーンズ氏が女性で初めて RI 会長に就任しました。

その RI 会長のテーマを加えて今年度のテーマを「元気に、笑顔で、楽しいロータリーライフ ♪ そして IMAGINE」とさせて頂きました。

56 年目と言う伝統を守りながら、東京板橋ロータリークラブが更に発展出来るように新しい事も取り入れていきたいと思います。

藤掛幹事と共に楽しいクラブ運営に努めて参りますので、会員皆様のご支援とご協力をよろしくお願い申し上げます。

2022-2023 年度幹事

藤掛 誠

この度、2022 年ー2023 年度、東京板橋ロータリークラブの幹事を務めさせて頂く事になりました、藤掛でございます。入会歴 7 年目とまだ日も浅く、会についてもまだまだ知らない事ばかりで会員の皆様に、ご迷惑をお掛けしないか、とても心配です。

まだまだ、コロナの終息が見えない状況ですが、無事に幹事の職務を務めたいと思っています。

渡邊会長の提言の「元気に、笑顔で、楽しいロータリーライフ ♪ そして IMAGINE」ですが、元気に、笑顔で、楽しくロータリーライフを想像する、心に描くと言う意味ですが、この提言に恥じないよう、委員会との連携と会員相互の親睦を図り、会が円滑に活動できるよう、頑張りたいと思っています。至らない点も多々あるとは存じますが、会員の皆様のご指導、ご鞭撻の程、宜しくお願いします。

バナーに寄せて

初代(1967-1968 年度)幹事

八代 逸蔵

「板橋」の名は「源平盛衰記」「義経記」等にあらわれているから既に平安時代の末期にはこの地名があったものと思われる。然し地名発生の由来については確たる資料はなく、多分草深い武蔵野の一隅を流れる石神井川にかけられた板の橋を場所の一つの目安として板橋と言い慣わしたものであろう。そしてこの名の使われていた時代背景よりして、当時の大街道であった鎌倉街道の通っていた現在の中根橋付近ではないかと言う説がある。

江戸時代に石神井川が中仙道を横切る地点に橋がかけられ、このタイコ橋が一般的に板橋の名の起源として信じられ、板橋宿の象徴として浮世絵、錦絵等に江戸名所図絵の一コマとして画かれている。クラブのバナーは、これ等を参考資料として、図案化したもので当クラブのチャーターメンバーであった佐藤太清画伯のデザインです。

文字サイズ